国内最大級の企業向け人材育成・研修情報ポータルサイト

株式会社ネクストエデュケーションシンク 
エデュケ[eduket] 今こそ、企業を成長に導く人事戦略を!〜SAP人事ソリューション〜
分野で探す ビジネス・業務 IT系 資格 語学 内定者・新入社員 階層別 業種別 研修目的別 その他 アセスメントシステム 法人問い合わせ窓口
学習形態で探す スキルチェック・適性診断 eラーニング 研修 セミナー DVD・ビデオ教材 その他 法人関連サービス 人事 人材育成情報 コンサル カスタマイズ研修
ようこそエデュケへ! 
購入の流れ(個人) 購入の流れ(法人) エデュケについて FAQ サイトマップ エデュケお問い合わせ
経営トップが語る 我が社の成長と人材育成(第1回)【前編】
    
利根川護の”人事部”の基本レシピ(第2回)
「エデュケ(R)人財関連・ビジネス教養 最新書籍ガイド」(2017/08/10)
匠教授の”「ビジネス心理」で仕事力UP!”(第1回)
心理学博士 奥村幸治の“ビジネスに必要な「人間力」とは”(第9回)
ネクストエデュケーションシンク製品パンフレット
ダウンロードはこちら
<法人お問い合わせ>はこちらから
NET診断スペシャリスト

エデュケニュース(TM)

「ITSS」「ETSS」「UISS」
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!
匠教授の「ビジネス心理」で仕事力UP!【第1回】
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」
心理学博士 奥村幸治の「ビジネスに必要な「人間力」とは」【第9回】
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方
南和気の“時代を勝ち抜く若手の育て方”〜外資企業の最前線からホンネを語る〜【第24回】
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」
多賀康之の「“変化”に適応できる人材の育成」【第8回】

大石雄の次世代のプロジェクト管理手法「CCPM」のすすめ【第26回】

心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学”【第23回】
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜
南和気の適所適材のススメ 〜最前線の現場から伝える 人材育成〜【第12回】

芦屋広太の“人を動かす言葉”

島川孝博の育て上手 VS 育ち上手(第14回)

岡邦明のグローバルビジネスコミュニケーション(第23回)

コンサルタント清水千博のITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る!【第5回】

松下直子の人事今昔物語!?【第10回】

匠教授の顧客志向の次世代マーケティング “顧客見える化”の視点から(第18回)

平田周の「採用した新卒社員を3年で辞めさせないために」(第10回)

NET(R)教育サービス一覧

メディア

NET通信(TM)
企業人財育成メールマガジン

エデュケニュース(人財育成/研修)

eラーニングマガジン

<連載>経営トップが語る
「我が社の成長と人材育成(TM)

セミナー・研修

NET(R)主催セミナー

インストラクショナルデザイン

集合研修/カスタマイズ
内定者/新入社員/管理職

NEXT PACKe
eラーニング研修3000種
研修業務アウトソーシング

アセスメント

アセスメントサービス体系・デモサイト

人財能力の氷山モデル/人間力とは

ITSSレベルチェッカー(TM)
ソリューション

ETSSレベルチェッカー

ETECクラス2模擬テスト

UISSレベルチェッカー(TM)

プロジェクトマネジメント
診断・教材・研修

NET*ASK Ver. 3.1N
適性・適職診断

Office Do(TM)
PC操作スキル自動判定

アビリティ・チェッカー(AC)
PCスキル・一般常識

コミュニケーション力診断
リーダーシップ力診断
ネゴシエーション力診断

コンピテンシー診断

営業力診断/カスタマイズ
コンサルティングセールスCSC

コンプライアンス診断
eラーニング・研修パック

個人情報保護診断
eラーニング・冊子

経理・財務実務スキルチェック

教育者のための情報モラル

実践プログラミングスキル
実践Web言語スキル
ライブ型eラーニング研修

 

IT資格完全マスター
IT資格取得eラーニング

派遣業/人材ビジネス向け診断
システム構築・eラーニング・冊子
集客・マーケティングツール

NETスキルチェック(R)
汎用100種/カスタマイズ

NET−HCAS(TM)
多機能アセスメントシステム

NET−SCMS(TM)
企業スキル管理分析システム

企業組織診断・分析サービス

オリジナル診断/システム構築

自社専用・採用診断作成

能力診断開発コンサル

教育研修効果測定活用

事例

スキル診断活用事例
人事・情報システム連携

適職ナビゲーション

その他サービス

企画・編集・システム開発

プレスリリース

プレスリリース一覧

ホーム > 経営トップが語る 我が社の成長と人材育成(第1回)【前編】
検索 詳細検索

第1回【前編】 / 第2回【後編】

川上 真一郎(かわかみ しんいちろう)氏
1963年生まれ。1986年中央大学商学部を卒業。
卒業後、株式会社カナデンにて7年勤め、29歳で現在のグッドウィル・グループの前身となる株式会社サイクを立ち上げる。
1995年、31歳のときに5人で人材サービス会社「株式会社グッドウィル」を設立。以降、1999年7月にジャスダック上場。2004年3月には東証一部上場を果たす。設立から12年、今では売上高5,500億、従業員約14万人を率いるホールディングカンパニーへと成長。
現在は、グッドウィル・グループ株式会社の代表取締役社長 兼 最高執行責任者と、株式会社グッドウィル・エンジニアリングの代表取締役会長を兼任する。
Mr.サイトウ:本新連載では、「人材育成」をテーマにして、成長企業の経営トップの方々に順にお話をお伺いする企画でございますが、まず第1回目として業界TOPになられ急成長をされておられますグッドウィル・グループ株式会社の川上社長にご登場いただきました。まずはご経歴からお伺いして参りたいと存じます。

川上真一郎氏:1986年に中央大学を卒業しまして、新卒で入りましたのが株式会社カナデンという三菱電機グループの商社でした。そこで自分は最初にFA(Factory Automation)機器の販売営業に携わりました。主に工場を中心に営業をしておりまして、FAのコンピュータだとか生産管理システムなどを販売しておりました。そして、1994年に株式会社サイクという会社に専務取締役として入りました。旧来から株式会社サイクの社長である佐藤氏と大学の学友だったものですから、「いつかは一緒に会社をやろう!」というようなことを志していました。実は、すでに大学時代に佐藤氏とともに学生ベンチャーのようなものをやっていたのです。そういったところから満を持して、実際は1992年から会社を設立してカナデンと二束のわらじを履きながらやっていたのですが、1994年にカナデンを退職して株式会社サイクという会社に専務として就任しました。

Mr.サイトウ:株式会社サイクという会社はどのような会社なのですか。

川上真一郎氏:株式会社サイクというのは、グッドウィルの前身になります。主に市場調査だとかマーケティングだとかがメインの会社です。企業からマーケティング調査を請け負ったりとかですね、イベントだとか販促キャンペーンなどを企業がやりたいといったときに、企画から運営までお手伝いするというようなことをしていました。そのような仕事の体験を通じて、「『人材』というものにニーズがあるな」ということを感じていました。人材サービスというのは、例えば、イベントを随分手がけたのですが、イベントは三日間だったり一週間だったり一ヶ月だったりと必ず期間というものがあります。イベントというものは、いわば人海戦術ですから、そこで毎回アルバイトを雇用して、その人たちに教育をして、実際の期間中に教育したものを発揮してもらう。しかし、その三日間ないし一週間でイベントが終わってしまうと、またアルバイトさんは戻ってしまう。そして、また三ヵ月後に同じクライアントから同じイベントを実施してくれといわれた場合、またアルバイトを採用して……、ということがありました。これが非常に無駄だなと思いまして、そういうところで、どこの企業様もお悩みなのであれば、人材を短期間で集めてビジネスができるようなシステムがあれば面白いと思ったのです。そう思って1995年に創ったのが、いまのグッドウィルという会社です。

Mr.サイトウ:失礼ですが、そのときは何歳でいらしたのですか。

川上真一郎氏:31歳ですね。

Mr.サイトウ:随分とお若いときに会社を立ち上げられたのですね。

川上真一郎氏:最初は5人ではじめました(株式会社サイク自体も5人しかいませんでしたが)。新宿のマンションオフィス15坪、家賃20万のところを借りましてそこから本格的に自分のビジネスをはじめました。その中には、私のほか佐藤氏、いま会長の折口がいました。実は、株式会社サイクという会社は、あまりうまくいかなかったというかトントンだったのですね。プラスマイナス0ぐらいでした。そこで、もっとできることはないかと考えてグッドウィルを創ったのです。もともとそういうノウハウをある程度蓄積しておりましたので、初年度から(五ヶ月決算で)約九千万くらいになりました。翌期は十億までいきまして、四十億、六十九億ととんとん拍子で行きました。

Mr.サイトウ:すごいですね。

川上真一郎氏:でも、当初は大変でした。最初の1995年の二月に会社を立ち上げてから、三〜四ヵ月ぐらいは家に帰らなかったです。15坪のマンションオフィスにずっと泊まっていました。寝心地が悪くて疲れが取れず、とても困りました(笑)。

Mr.サイトウ:ニーズがものすごく大きかったということですね。

川上真一郎氏:もともと前身がマーケティング専門にやっている会社だったので、どうやったらお客様に訴求できるかだとか、どうやったら適切なスタッフを集められるかだとか、そういったノウハウを熟知していた部分がある程度ありましたから、すぐにブレイクして急成長を遂げることができたのかなと思います。

Mr.サイトウ:急成長というと一瞬にして儲かったというイメージがありますが、ご苦労はなかったのですか。

川上真一郎氏:とても苦労したことがあります。三月から四月が一番人材がいる時期なのですが、春の入学シーズンだとか就職だとか転職だとかで、最初は引越し会社様ですとか内装会社様ですとかイベント会社様からの仕事が多かったのです。そのときは、日払いで払っていましたから、お客様からオーダーをいただいて弊社のスタッフが当日働いた分の給与はその日に払わなくてはなりません。でも、お客様のご入金は翌月末や翌々月末が一般的です。つまり、キャッシュが先に出てしまうビジネスなのです。立ち上げ時の資本金は一千万でしたから、四月の中旬になってからは毎日ATMに記帳に行きました。毎日三十万ずつ減っていく様子が印字されており、「これは危ない」と感じました。そして、通帳の残高が二百万から百万円になったとき黒字倒産するかと思いました。売上は月次で二千万円くらいだったのですが、それは五月とか六月に入金されるもので今月は入らない……。本当に底を突きそうになってしまい、スタッフに支払いができなくなったら暴動が起きるかもしれないと考えたほどです。でも、我々の給料はいいからとにかくスタッフに回せということで動きました。それと平行して、全員東奔西走して親戚縁者や知人・友人から資金を借りて来たりなどということをやっていました。そして、どうにかこうにかしてようやく資金繰りをつないだのです。事業自体はうまくいっていたのですが、当初の資金繰りには本当に苦労しました。一番つらかったですね。お金がない――金策というのが本当に大変だったのです。小さな会社でしたから、銀行に見向きもされませんでしたし、いまでこそエンジェル、ベンチャーキャピタルなどが、そのような会社を支援するインフラが整っていますが、十数年前は「実績がないとお金は貸せない」「担保は?」ということで、お金がない、借りることができないというのが本当につらかったのです。そして、その状況は五月、六月になっても変わりませんでした。
next

月額2,800円で学び放題!
情報処理技術者試験対策教材 NETパーフェクトトレーナー
媒体資料
総合ランキングTOP5
1. 動学.tv【1ヶ月コース】
2. 適性・適職診断 NET*ASK
3. 情報処理技術者試験対策シリーズ NET Perfect Trainer(TM) ITパスポート試験(3ヶ月コース)
4. オンラインTOEIC(R)模試  e・TEST
5. ケースで学ぶメンタルヘルス マネジメント編
eラーニングマガジン
:コンサルタント清水千博のスキル標準活用の成熟度モデルへ ITSS/UISS/ETSS/新情報試験制度を斬る! 第6回
平田周の「知的好奇心が人生を変える」 なぜ好奇心が大事なのか
心理学博士 奥村幸治の“「知る」「分かる」「変わる」科学“ 第10回 成長し続ける意義 〜 脳の成功回路の形成 〜
顧客志向の次世代マーケティング ”顧客見える化”の視点から 将 顧客ロイヤルティとサービス価値の ”見える化”
各種決済方法

ご質問・ご要望・教材開発委託・広告のご依頼はエデュケ(R)サポートセンターまで TEL:03-5842-5148 E-mail:eduket@nextet.net
    お問合せ時間 10:00〜18:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)

NET Copyright(C)2006-2015, Next Education Think Co.,Ltd. All rights reserved.
会社概要 プライバシーポリシー 訪問販売法の表記